企業創業・会計業務・税務申告支援なら税理士法人 山田会計|広島県呉市

元国税調査官による税務調査対応に自信あり。新規事業開始から、経営改善・資金繰り改善など解決します。

HOMEブログページ ≫ 給付金 ≫

YAMADAカフェ

持続化給付金は早い

コロナ対策として、小規模事業者に対して「持続化給付金」の申請・給付が行われています。
野党や評論家は給付業務の遅れを言っているが、現場の実感は全く別です。
申請は電子申請であり、申請者が要件を満たさないと保留となり、給付金をもらうことはできない。
申請後、早ければ1週間後、遅くても2週間以内には給付金が出ています。
法人で最大200万円、個人で最大100万円ですが、これで助かったという事業者の方の話をよく聞きます。
一部には悪質な不正受給を行う輩がいるようですので、そういう事業には適正に対処していただくようお願いしたいところです。
( 山田 毅美 )
2020年07月13日 08:33

家賃支援給付金

 持続化給付金に続き「家賃支援給付金」が始まります。
申請手続きの様式等は未公表なのですが概要をお知らせします。

支給対象
  ①中小企業者・小規模事業者
  ②5月~12月の売上高
   ・前年対比 △50%以上
   ・又は連続3ヶ月合計で前年同期比 △30%以上
  ③事業のために占有する土地・建物の賃料支払いしている

給付額
  法人 ~ 最大 600万円
  個人 ~ 最大 300万円

必要書類
  ①賃貸借契約書
  ②直近3ヶ月の賃料支払実績証明書(通帳写し・振込明細書)
  ③本人確認書類(運転免許証等)
  ④売上減少を証明する書類

様式
  発表されましたら、該当の方へ連絡します。
2020年07月07日 08:48

給付金

コロナ禍の経済対策として「持続化給付金」を交付されています。
単月で前年同月比50%以上売上減少で要件を充足し、電子申請するものです。
当行政書士事務所でも、数多くの申請手伝いをさせていただきましたが、7月に入っても該当案件が出てきており申請依頼を受けています。
50%以上ダウンの要件に該当した事を知らなかったので「ありがとう」と言われることもあります。
呉市では単独でコロナ対策として「呉市小規模企業応援給付金」を給付していますので、こちらもセットで手続支援しています。
( 山田 毅美 )
2020年07月07日 08:38

持続化給付金


はじめに
新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ為、外出自粛を求められ、多くの企業・事業者が売上減にあい苦しい状況にあります。
政府は、事業継続し、雇用を守ってもらう為の一つとして「持続化給付金」の支給手続を始めています。
申請
当制度は、Web上での申請を基本としています。持続化給付金ホームページにアクセスし、申請ボタンよりメールアドレス等を入力して仮登録したら、入力したメールアドレスにメールが届きますので、ID・パスワードを入力し“マイページ”を作成、基本情報・売上額・口座情報等を入力して申請します。電子申請ですので、早くに受給できます。
勿論、これは給付金ですので、事実を証明するデータを入力するだけでなく、資料の添付が必要となります。
しかし、これらのデータや必要書類は会計事務所にあるものですので、直ちに入力・申請ができると思います。
申請のお手伝い
会計事務所は「持続化給付金」申請のお手伝いができます。是非一度、会計事務所に電話してみてください。
( 山田 毅美 )
2020年05月11日 14:39

税理士法人 山田会計

【電話番号】 0823-74-2177

【住所】 〒737-0143
広島県呉市広白石1-1-6

【営業時間】 8:30~17:00

【定休日】 土・日・祝日
※相続税相談は
土日対応可能(要予約)

事務所概要

モバイルサイト

山田会計スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
が定休日です。
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
が定休日です。